北海道旅行記です。
自分用の外部記憶代わりなので、
更新ペースは超テキトーです。


<< 宿到着&夕食 | TOP | 旭岳ロープウェイ >>
ペンション トム・テルム
2日目です。

目が覚めたのは4時頃
カッコウが鳴いてるのが気になって――うるさい訳じゃなく、えらい早くから(むしろ夜中から)鳴くもんだなぁと感心――夜も明けきらぬうちから起きてました。
でも、21時には寝てたので、かなり寝起きスッキリでしたけどね。
(TV無し・ロビー他共有場所は22時消灯で、スッパリ寝るにはうってつけなのです)
そうはいってもやることはないし、相方は爆睡こいてるし、一人で散歩とか行くのも何だし…と、結局は7時くらいまで寝たり起きたり携帯でネット見たり…とぼんやりしてました

朝、窓から
5時頃の外。
宿のすぐ裏が畑になってます。ここには何が植わるんでしょうねぇ??(無難にジャガイモかな??)
若干天気が悪いのが気になりますが、さすがに北海道、低湿度で爽やかです

朝食朝食は7時過ぎから。
至って普通の洋食でした。
やはり若干少なめではあるけど、朝食にはちょうどいいくらいです。
パンはお隣にあるパン工房小麦畑さんのものだそうで、とてもおいしかったです
(ぜし買っていこうと思ったら定休日〜!?…嗚呼、残念)

お部屋泊まったのは長細い造りの角部屋。
もう一台ベッドがあって、3人仕様のお部屋です。
テレビはもちろんのこと、冷蔵庫やエアコンもないので、非常にスッキリとしています。
まわりがなにしろ自然めいっぱいなので、こーゆー「寝るだけ!」って部屋も、たまにはいいものです

看板わんこ看板ワンコ。バーニーズが看板犬なのは珍しい??
宿の雰囲気にもマッチして可愛さ倍増でした
しかし、定位置が玄関――文字通りのご家庭の玄関サイズ――だったので、踏まないか冷や冷やでした

看板わんこ2大あくびのロッタ。まだ3才とかなのにこの貫禄。すっかり落ち着いてます。
これくらいの方が看板犬には良いんでしょうね。(たとえばうちの犬には務まらんだろう)
大きい犬も良いなぁ〜と、相方共々ほのぼの。でも毛足が長いと手入れが大変そう…。

宿正面宿の正面から。
右側に駐車場と、隣家(パン屋さん)がありますが、それ以外はまわりになにも無し!!です。
ホント、無精モンが自然の中で泊まるにはうってつけのお宿でした。
夕食はちょっと不満だったけど、また是非来たいです (願わくば、その時にはウォシュレットを!!)

チェックアウトは8時過ぎ。
雨がぱらついてきたので、美瑛を散歩するのは諦めて、車窓から丘を眺めて終了。次に目指すのは旭岳です。
でも、車窓からだけでもかなり楽しめました。
美瑛は、駅周辺はとても整備されて、割合近代的かつヨーロピアンな佇まいでしたが、一歩奥に入ると広大な農地が広がり、農道とも私道ともつかない道の真ん中に家が点在する、とても良い雰囲気の場所でした
正に和製フランス田舎。あこがれの牧歌風景
観光案内なんかでは、富良野とセット(むしろおまけ)扱いされてるけど、美瑛の方が断然良いですよ!
次回機会があれば、美瑛を重点的に攻めたいと思います


[参照リンク]
・ペンション トム・テルム
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
Comment




  ※文中にURLなどが含まれると弾かれます。管理人への連絡は、こちらに記載のアドレス宛にメールでお願いします。
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://trip.nisekobox.com/trackback/76