北海道旅行記です。
自分用の外部記憶代わりなので、
更新ペースは超テキトーです。


<< リゾートインニセコ | TOP | 洞爺湖 >>
朝食
2日目の朝。

目が覚めたのは5時ちょっと過ぎ。夕べの姿勢のままで寝てました。
せっかくのホテルベッドなのに、中に入らないで終了…
外を見ると、日の出こそまだだけど明るくなってて、裏の牧草地とそのむこうの羊蹄山がバッチリ。
雲が多くて天気はイマイチだけど、ジメジメ感が無くて、とにかく気分爽快です

1時間ほどは、外を眺めたり、体操をしたり、荷物を整理したり……と、ゴソゴソ。
でも飽きてきたので、相方を叩き起こして、散歩に行ってきました。

砂利道宿の前で。
右側に宿で、正面に行くと昨日入ってきた国道5号に出ます。
この砂利道を、6時の方向へじゃりじゃりと。

途中は、家は1軒だけで、ひたすら林。
沢もあったりして、マイナスイオンとフィトンチッド出まくりです。
歩くこと10分で林の砂利道は終了。舗装されてる道に繋がってました。

どんより羊蹄山舗装された道に出た後は、民家やらお寺やらお墓やらを望みつつ、緩やかな下り道。
残念ながらどんよりですが、羊蹄山もよく見えます。
曇ってても湿度が無くて、サラサラ空気。東京ならジト〜っと汗ばむところなのに、ほとんど汗は出ません。
さすがの北海道を身をもって体感

カーブの多い道を歩くこと約20分で、国道5号に。
宿の前の道がある角までは直線距離で1kmほど。
しかし、散々下ってきたツケが! 最後にめちゃ急&長い坂が待ってました
長さは500mくらいで、傾斜度は15度ほど? とにかくめちゃ急です。歩道もなくて、すぐ脇を車がビュンビュンと。
さらに悪いことに、履いてきた靴が微妙にきつく、坂の半分くらいまで来ると、足が痛くてヘロヘロでした

牧草地の小さな宿やっとこさ宿に帰還。
1周約3kmで、45分ほどかかりました
出る前に、「朝飯は8時でいいですね」って言われてたけど、15分もオーバー
客が私らだけだったから、完璧待たせる形になってしまい、なおさら申し訳なかったです。
次に散歩する時は、逆向きで散歩しよう!…っと、心に刻みます。

あさごはーん!朝ご飯は、宿特製。
和食or洋食が選べて、もちろん洋食をチョイス。
厳選素材を使ったこだわりの朝ご飯……と聞いていたので、期待大!
でも、いざ席に着くと、「あれ? これだけ?」とちょびっとガックリ

いやいや! これはスマートなお皿に盛りつけてあるからです。
食べると結構ボリュームありました
そりゃ、朝食バイキングとか比べると少ないですけど、1品1品がむちゃ美味しいし、控えめな分、味わえるというか…とにかく食べ終わっての不満は全くなかったです。特に、ソーセージのおいしさは感動モノ
ご主人曰く、「山方向にあるハム・ソーセージのお店におろしてもらってる」…まさか、昨日のトコロでは!?
パンも美味しくて、「カボチャのパン、もう一つどうですか?」のお言葉に、相方共々ありがた〜く頂きました

食事も終わって部屋でまったりした後、9時過ぎにチェックアウト。
見送ってもらいつつ、砂利道を元来た方向へ。

と、走り出して数分もしないうちに大粒の雨が!!
つい1時間前――食事中にちょっとだけ晴れ間が見えて、「良かった、晴れそうですね」って言われたばっかりだったので、ちょっとニガワライです。(ご主人もさぞや心中複雑だったろう…)

それはそれとして、部屋も、お風呂も、朝飯も、ツボにはまりまくり。
最後も見えなくなるまでずっと見送って頂いて、ほんっとに! 素敵な宿でした!!
なにげにペットOKだし、来年は犬を連れて!と、早くもリピートする気マンマンです。また来よう!
(追記:翌年から毎年リピートしてます)


[参照リンク]
・リゾートインニセコ
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
Comment




  ※文中にURLなどが含まれると弾かれます。管理人への連絡は、こちらに記載のアドレス宛にメールでお願いします。
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://trip.nisekobox.com/trackback/28