北海道旅行記です。
自分用の外部記憶代わりなので、
更新ペースは超テキトーです。


<< 宿へ〜夕食〜森のゆ花神楽・温泉 | TOP | 就実の丘 >>
森のゆ花神楽・コテージ
2日目。
昨晩それほど早く寝たわけでもないけど、旅行のテンションか、慣れない場所で眠りが浅いのか、6時前には目が覚めて、ごそごそと荷物整理
皆も7時前には起きてきて、予定してた8時のチェックアウトができそうです。


朝飯の図。
ソーセージをボイルして皆でつつき、各自好きな物をプラスアルファ。(おかゆとか)
自分は、コーンフレークと納豆味噌汁。えらい取り合わせです


コテージをおさらい。
まずは正面外観。車は2台駐めるスペースがあります。
朝だから清々しいけど、夕べは川の音がちと恐ろしくもあった…かも。(目の前が林で、下は川です)


室内。リビング部分です。ソファの向かいにTVがあります。
端に見切れてるヒーターは、自動設定されてたらしく、朝、なにげに暖房が入ってました。
チェックアウト時に、電源切って良いのか迷ったよ


キッチン。上のリビング写真の左手です。
えらいごちゃっとしてますが、朝食準備中に撮影
調理器具は、最低限の物は一通り揃っていて、すべてなかなか清潔に保たれてました。
小学校の調理実習室みたいな、「ニオイが染みついてる」てなものを想像してたので、正直ビックリ。
お皿も、無印良品調の陶器でなかなか良かった。箸は無いけど、スプーンフォークは備え付けられてます。
欲を言えば、コンロがもうちょっとマシだったら尚良かったな。
電熱式なので、何をするにも時間が掛かるです。
ちなみに、アンペアは低いらしく、チェックイン時にフロントで「炊飯器と電子レンジとポットは同時に使わない様に」との注意が 「落ちたらブレーカー自分で上げてくれ」とも。


リビングTV側。ロフトで2階があります。
TVの上にピエロの絵が飾られてて、若干不気味であった…


2階ロフト部分。
ベッド近くにコンセントが無くて、めちゃ難儀したです
向かって右のベッド壁側にあったのだけど、真ん中位置で使い勝手悪いし…。


同じく2階。ベッド側から。ドレッサーの下にコンセント有り。


1Fベッドルーム。
扉付の別室になってます。4畳ほどにベッドみっちりで、なかなかの圧迫感
でも、コンセントは枕元にあるので、2階より便利かな。左手にクローゼットがあります。

ちなみに昨晩、こことロフトとでDSテトリス通信対戦をやったのだけど、電波問題なく届きました。
DS恐るべし
しかし、真にオソロシイのは、その対戦途中、枕元にカマドウマが出現したこと!!!!!!!!
ベッド下に逃げ込んだので、殺虫剤大噴射でした。(備え付け有り)
コテージ恐るべし。


水回り。
トイレは残念ながらウォシュレットは無し。
お風呂は使わなかったけど、浴槽も大きく、なかなか快適そう。
洗面所も清潔にされてました。
備え付けは、石けん(使い切りのちっちゃいやつ)よりハンドソープの方がよかったけどね。
シャンプーも、残念ながらリンスインです。(これは本館の温泉も同じく)


最後にコテージ群。
4人用→5人用→8人用…と、7棟だか並んでます。泊まったのは一番手前の「ポピー」。
ここは本館まで100mほどだけど、一番奥のコテージだと相当距離ありますね。
本館温泉に行くにも、車必須です

コテージ、思ってたより良かったです!
「コテージ=別荘・離れ」的な物を想像するとそりゃチープですけど、「コテージ=バンガロー進化形」と捉えると、なかなかの快適空間。てか、そもそも最悪な場合を想像してたので、ガッカリ要素がほとんど無かったです。(それこそ、コンセントとカマドウマくらいかな)
禁煙仕様じゃないので、てっきりタバコ臭いだろうと思ってましたが、それも全く。
ニオイというと、やや湿り気のある木のニオイと、台所から来る若干の水回り臭くらい…それも、休息を妨げる程ではなかったです。
4人用で1棟18000円……一人当たり4500円。
コストパフォーマンス的にもとっても良かった! 温泉(浴場)付で、駐車場無料なのが地味に嬉しい。
旭川付近で宿を取る時は、是非また利用したいです

ま、本館のフロントの応対は若干イラッとさせられたがね…。
経験不足からの不手際として、今後改善されることを願うばかりです。


[参照リンク]
・森のゆホテル花神楽
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
Comment




  ※文中にURLなどが含まれると弾かれます。管理人への連絡は、こちらに記載のアドレス宛にメールでお願いします。
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://trip.nisekobox.com/trackback/252