北海道旅行記です。
自分用の外部記憶代わりなので、
更新ペースは超テキトーです。


<< 美瑛へ〜絵葉書館〜拓真館 | TOP | 森のゆ花神楽・コテージ >>
宿へ〜夕食〜森のゆ花神楽・温泉
三愛の丘にたどり着けぬまま日没となったり、霧が出てきたと思いきや単なる野焼きの煙だったり、狐に化かされ状態の美瑛 「また来るゾー!」と、リベンジを誓って向かうは、本日のお宿・森の湯ホテル花神楽。
……いや、その前にスーパーマーケット!
ホテル併設のコテージを借りて、夕食も自炊予定だったため、まずは食材調達なのです。

寄ったのは、スーパーチェーンふじ美瑛店。
極めて普通のスーパーでしたが、入り口から糀が山積みになってたり、片栗粉がどーんと5kg袋で売られてたり、東京ではなかなか見ない光景が興味深かったです。(片栗粉は分かるけど、糀は何に使うんだろう)
ザンギ食う気満々だったので、まずは噂のザンギ名人をゲット 鶏肉と片栗粉も買って、準備万端
他にも、各自が食いたい物やらドリンクやら、明日の朝飯用の食材を買ったりと、トータル6000円ほど。
でも1人1500円で2食分なのだから、旅先の飯代にしては格安ですよね。

しこたま買い込んで、いざ、ホテル花神楽へ!
旭川空港横を抜ける西ルートと、忠別ダムへと至る手前で左折する東ルートがあったのだけど、東ルートは人家がまったくなさそうで、暗闇だと危険かなぁ…と、比較的交通量の多い(と思われる)西ルートを選択。
だが、確かに途中までは交通量が多かったけど、どのみち、真っ暗が基本
旭川空港を過ぎたあたりからは前後を走る車もなくなって、えっらい心細いドライブでした。
たまーに人家があっても、窓の明かりほとんど見えなかったしね…。
もう寝たのか!? まだ19時だぞ! 早いよ!! ホントにこの道で合ってるのか? どんなところに宿が??
とかなんとか、あわあわしてたら、急に視界が開けて立派な建物がお目見えでした。
山奥ならともかく人里が真っ暗って、なかなか未体験ゾーンです さすがの北海道。(失礼!)

無事チェックインして、時間はちょうど19時。
料理やら買い物の精算はみなさんに押しつけ…じゃなかった…おまかせして、エアWiiFit(※1)なんぞしたりして、すっかりリラックス。フリーダムなコテージライフを満喫です。
※1…録画→DVDに焼き、ポータブルプレイヤーで再生しつつ、それに合わせてトレーニングするという荒技。

これが噂の晩御飯。
ザンギ名人で作ったザンギと、湯豆腐の様な水炊きの様な鍋 (きのこと水菜入り)
見栄えしない絵面は気にしちゃいけねェ!
ザンギが濃いのはタレのせいではなく、焦げたせい
キッチンが電気コンロ(グルグル巻きのアレ)だったので、温度調節が難しくて、揚げ物は困難でした
でもでも、焦げ気味でも十分……いや、十二分に美味かったですよん
唐揚げ好きのお友達は、ザンギ名人をえらく気に入って、帰り際に札幌でガッツリ買ってたほどです。

たらふく食って、だらだらTV見て、ぼちぼち22時。そろそろひとっ風呂行きたいところ。
お風呂というと、コテージにも風呂は付いてるのだけど、本館に温泉有り そりゃ、本館行きますよ
しかし、22時までは日帰り温泉として解放されており、宿泊客は22時以降がおすすめとのこと…そんなわけで、この時間まで待ってたのです。
待った甲斐あってか、それとも平日のせいか、がら空き!
我々とあと1組だけで、内風呂・露天風呂、共に貸し切り状態でした。
肝心のお風呂は……温泉の成分は入ってるのかなぁ? あまりそのあたりは感じなく
でも、湯温は丁度良く、掃除もちゃんとされてて、なにより施設がまだ新しいので、なかなか快適なお風呂でした。
内風呂は、43度ほどのノーマル湯船と、41度ほどの泡風呂。
露天は石段を隔てて2つあり、どちらも43度ほど…だったかな。
内外と出たり入ったり。30分ほど浸かってたので、すっかり茹だりました
口コミでは「芋洗い!」「塩素臭い!!」と酷評があったのですが、塩素臭さも含め、気になる箇所は無かったです。
たぶん、空いてる時期に行けば良いお風呂になり、混んでる時期だと駄目なお風呂になる…そんな極端なお風呂なんだろうな…。閑散期のご利用をオススメします。

コテージに戻ってからは、ゲーム(DSでテトリス通信対戦)したりしつつ、0時過ぎに就寝。
時間に追われまくってたけど、まあまあ充実した初日となりました。


[参照リンク]
・スーパーチェーンふじ美瑛店
・森のゆホテル花神楽
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
Comment




  ※文中にURLなどが含まれると弾かれます。管理人への連絡は、こちらに記載のアドレス宛にメールでお願いします。
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://trip.nisekobox.com/trackback/251