北海道旅行記です。
自分用の外部記憶代わりなので、
更新ペースは超テキトーです。


<< cafe麦秋 | TOP | 美瑛へ〜絵葉書館〜拓真館 >>
富良野チーズ工房
食うだけ食ったのに、お次も食い処。直線距離にして4km、富良野チーズ工房です。
ここは3年前にも来たことがあり(⇒前回)、何回もリピするような場所じゃないかなぁ…と思いつつも、自分以外は「初・富良野」な面々だったので、富良野の定番スポットとして寄ってみました。


正面入り口。3年前と些かの変わりもなく


芝生広場に置いてあるトラクターもまんまです。これはもう朽ち果てるまでここが定位置なのか??
木々の色付きと落葉が、なかなか良い雰囲気


チーズ工房内にて。
1Fはチーズの製造工場(客見用)になってて、2Fが道具展示と販売スペース。
なにげにこの牛、ちゃんと乳搾りができます(要予約)
販売では、イカスミ入りのカマンベール(セピア870円)にめっちゃ惹かれたけど、まだ初日で持ち歩くのは厳しいし、送料掛けてまで買うのもねぇ…て、これ3年前と同じコト書いてるし
でもでも、ホント美味かったので、今後近場で物産展とかあれば、是非ゲットしたいです


牛の裏側は道具とか歴史に関する展示。


チーズ造りの鍋。
友人にモデルになってもらいましたが、左下のパネルとまんま同じで、何度見ても笑ってまう
チーズと言うより、怪しい薬草でも煮詰めていそうです。


一回りした所で、隣接するアイス工房にてソフトクリーム。
さっき食ったばかりだというのに、ダブルです チーズとカボチャで350円也。
カボチャはほっくりと甘く、風味がとても良かったです。
チーズも美味しいけど、カボチャに比べるとインパクトが薄く普通に感じたかも。
(ちなみに、3年前はミルクとチーズのダブルにしてました)


さらに、隣接のピッツァ工房でピザまで食ってしまった。(ホントは我慢しようと思ったのに、皆が食うから)
マルゲリータです。1枚400円のミニサイズを半分にカットしてもらって、200円ずつ。
チーズやトマトも良いのだけど、何より生地が美味かった! もちもちとしてふっくら柔らか
聞けば、全部富良野産の素材で賄ってるのだとか。(トマトだけ冬場は余所から…とのこと)


昼時も過ぎ、ぼちぼちお客さんも減ってたせいか、ナイショのサービスで、端っこのカリカリを自家製オレンジソースがけにした試作品を頂いたです。
ジャムというかママレードの上澄みというか、でも蜂蜜の様な濃密な甘みがあり、しかしもっとオイル的なサラッとした…なんとも不思議なソースでした うまうま〜

……と、気がつくともう15時半!!
前回来た時、そんなに見る所もなかったから、今回もすぐ見終わるだろうと思ってたのに! 甘かった!
この後は美瑛で、ちょっぴり移動にかかるし、おまけに行くトコ全てが閉館17時とかタイムリミットが!!
メンバー変わると…いや、メンツが増えると、途端時間も食う様になるなぁ
そんなに無理な予定ってわけではないのだけど、次回はもちっと考えよう。
(次回ここに来るかはわかんないけどネ)


[参照リンク]
・富良野チーズ工房
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
Comment




  ※文中にURLなどが含まれると弾かれます。管理人への連絡は、こちらに記載のアドレス宛にメールでお願いします。
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://trip.nisekobox.com/trackback/249