北海道旅行記です。
自分用の外部記憶代わりなので、
更新ペースは超テキトーです。


<< 社台スタリオンステーション | TOP | 富良野チーズ工房 >>
cafe麦秋
社台スタリオンステーションを出て、一路富良野へ。
(追分の箱根牧場は、口蹄疫の影響で消毒やらなんやら大変そうだったので、今年はスルー)

早来→追分をR234、追分→夕張を道東自動車道、新夕張からはR452→桂沢湖経由→r135→島ノ下→富良野…という山中ドライブ。2007年に通ったのとまんま同じです。(⇒コレ)
ネットで目星を付いていた、富良野の洋食屋・cafe麦秋を13:00に予約してたので、それを目指し…なわけですが、その距離140km
安全運転は勿論、しかしスピーディな走りを心がけ、急がば回れ。いや、最短コース。
道中、夕張の寂れ具合や携帯の圏外になる早さ、ふと見つけた某衣料品店にテンションが上がるという、間違った盛り上がり方をする一行
と、まあまあ順調なドライブだったけど、それでもやっぱり13時には間に合わず。15分オーバーの到着でした。

麦秋は、ネットで見る限りなかなかの人気店。
サイトにも「予約をオススメします」とあるので、予約の電話をしたのですよ。1週間ほど前に。
したらば、「もう暇なので、予約は要らないかなぁ」との、なんともぼんやりとしたお返事が。
まぁ、一応ってことで、予約しておいたんですが…なんのなんの! 混んでるよ!
全席埋まってたし、入り口には2組ほど待ってらっしゃる方が。
その脇をそそくさと通り抜け、キープされてたテラス席(テラスと言っても屋内)に。ホント、予約して正解!
まぁ、確かにそれ以上お客さんが押し寄せることもなく、待ってた人もすぐに席に通されてましたけどね。


ランチメニューより、カレーランチ1150円
他にも、ピザランチ、ロコモコランチのセットがあったり、ハンバーグ(これはセットなし)に惹かれたりしたのだけど、日替わり肉料理に釣られてコレに。「富良野はカレー処」という思い込みも手伝ってたかも。


メインのカレー。
基本甘めではあるんだけど、ねっとりと煮詰まった濃ゆいルーで、辛さもそこそこ。
具は完全に溶けてます。
なかなかスパイシーで美味しかった


だが、真の主役はこちら。日替わりの肉料理が美味いのなんの!!!
富良野豚のチーズクリーム掛けなのだけど、肉はジューシーで柔らかぁ〜だったし、ソースがホント美味い!
カレーが邪魔に感じるほどの美味さでした
わざわざ最後の一口分残して、しばらく余韻に浸ってたり…イシシ
またこれ食べたいなぁ。

…と、このお店、ハンバーグも名物なのだけど、ハンバーグはテイクアウトをやってるとの話。
なら、それを買って夜に食べよう――コテージ宿泊で自炊なので――と目論んで、ランチでは頼まなかったのだけど、なーんと! やってなかった!
だったらハンバーグ頼むんだったかなぁ…。
いや、カレーは美味かったし、何よりあの肉料理が食えたから良しなのですけど。
ハンバーグは、次回のお楽しみですね。


ちなみに、口コミでは「接客が悪い」とさんざんな評判でしたが、至って「普通」でした。
時々タメ語が飛び出すなど、無骨さが見え隠れはしたけど、目くじらを立てるほどではなく。
むしろ、接客頑張ろうとしてか、やたらとマニュアル口調になってた方が気になったかも。
こればっかりは時と場合の問題なんでしょうけどね


[参照リンク]
・cafe麦秋
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
Comment




  ※文中にURLなどが含まれると弾かれます。管理人への連絡は、こちらに記載のアドレス宛にメールでお願いします。
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://trip.nisekobox.com/trackback/248