北海道旅行記です。
自分用の外部記憶代わりなので、
更新ペースは超テキトーです。


<< ラーメン屋・えぞっこ | TOP | ニセコグランドホテル >>
国道393号
札幌を出て、高速を小樽方向へ。目指すはニセコです。

札幌→ニセコのルートというと、
・国道230+276号ルート(中山峠経由)
・国道5号ルート(余市経由)
…がメジャーですが、昨年全線開通した国道393号が気になってたので、そっちをチャレンジしてみることに。

393号は、小樽→倶知安を結ぶ山道なので、まずは小樽までは高速で移動。
高速降りたら早速393号に入り……これがまた、即! 急勾配!!
確かに、山頂の毛無山展望台までは傾斜とカーブのピーク…とは聞いてたけど、いきなりとは
距離は短めだったので、人間サイドのトラブル(車酔)は無かったですが、へっぽこbBのパワーではかなーり辛かったです (4000越えもしばしば…)

山頂を過ぎると、しばらくは下り続きで平穏
前に観光バスがいたので詰まり気味でしたけど、そこそこスムーズに流れてました。
観光バスとキロロ分岐でサヨナラしてからは、車列の速度も上がり、あっという間に空き空きに。
途中、悪路や勾配の厳しいカーブなどもいくつかありましたが、終点である倶知安に入るまで、後続車に追いつかれることも無く……むしろ前後に車がいないような状況でした。皆さんどんだけ飛ばしてんのさ!?

一方、小樽方面はかなり混んでましたね。日曜日の夕方と言うこともあって、行楽地からの帰宅組でしょうか。
途中、煙を噴いているワンボックスもいたりして、なおさら混雑の原因になってました

ルート上には、ベーコンで有名な「トンデンファーム ホピの丘」と、ソフトクリームが美味しいと評判の「山中牧場」があり、時間があれば寄ろうと思ってましたが、ホピの丘の時点で17:40と閉店時間過ぎてたので、ベーコンは諦めて山中牧場だけ立ち寄りました。(間食自重したので、ソフトクリームの味は分からず)

なんやかんやと走って、倶知安。そして比羅夫。
コテージ区域に入ると、羊蹄山が見えることもあり、「ニセコへ来た」感も高まります
目指すは今日の夕食・ニセコロフト倶楽部!!
……を通り過ぎて、昆布温泉方向へ。
今日もまた温泉へGOなのです


393号――木々が迫る山道で眺める様な景色も無く、立ち寄りたいスポットも少なく、アップダウンは激しく、路面・路側状況もいまいち…と、ドライブとしては全く快適ではなかったですが、空いてることもあって、移動ルートとしてはまあまあでした。
小樽〜ニセコの70kmほどを、1時間半で抜けたのだから、十分合格ですよね。
ま、走っててストレスを感じることの方が多かったので、もう通ることは無いと思いますけど
(追記:翌年逆ルートにて走りました)


[参照リンク]
・トンデンファーム ホピの丘
・山中牧場
・国道393号(北海道道路レポート"カントリーロード")
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
Comment




  ※文中にURLなどが含まれると弾かれます。管理人への連絡は、こちらに記載のアドレス宛にメールでお願いします。
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://trip.nisekobox.com/trackback/182