北海道旅行記です。
自分用の外部記憶代わりなので、
更新ペースは超テキトーです。


<< 社台スタリオンステーション | TOP | 小樽散策 >>
箱根牧場
入り口看板社台スタリオンステーションを出て、次を目指すのは箱根牧場。まんま、去年と同じです。
道中も特にトラブルも無く、30分ほどで到着。さすがに土曜日だけあって、先客もそこそこいましたが、小学校の遠足などが無かったからか、逆に空いてましたね。

敷地内この日は曇り予報でしたが…いいや全然! これでもかという晴れ具合でした
とにかく暑かったです
そりでも木陰に入ると爽やかで、さすがの北海道パワーを実感

こいぬ〜!!今回の目玉。事前にサイトをチェックして、「子犬生まれました」の文字に大はしゃぎな一同でしたが、牛やら馬やらの家畜そっちのけで、犬に食いついてました。
これがまた人なつっこくてかわいい!!

こいぬとパパいぬ子犬は3匹。他の子はシャイなのか、単に暑いから出たくないのか、ずっと小屋の中に籠もってました。
左はパパいぬ。パパはシャイな性格のようで

ママいぬ授乳中ママいぬと子犬たち。授乳中
ママいぬは、ものすごーく人なつっこかったです。
そして、子犬たちがあまりにしつこく吸ってるので、終いには切れ気味に小屋へトンズラ
後を追う子犬も小屋の中…と思ったら、なんと小屋の下に穴掘って引っ込んでいきました

大きくなりました少し離れたところにいたワンコ。
このワンコ、去年の子犬ですよ!!(去年の写真)
これまた親犬にそっくりで人なつっこい!
写真はバテた後ですけど、何度も何度も飛びついて、しっぽもブンブンと大回転させてました

子ウッシー1すっかり犬に時間使ってましたが、牧場に来たらウシシを見物せねば!ってことで、牛ゾーンに。
先月(?)生まれた子ウシたちです。1頭1頭ケージに入れられてます。
感染防止のため、触ってはいけないので、見るだけで我慢。

子ウッシー2子ウシは10頭ほどいましたが、ほとんどこんな感じで丸くなって寝てました。
ホルスタインやらジャージーやら、種類も色々。

子ウッシー3とりわけ人なつっこかったジャージーの子です。カワイカタ〜
触ってはいけないので、じっと我慢の子。

ママウッシー
臨月を迎えた一団。出産予定時期で分けて厩舎に入ってました。
「乾乳」てのは、『出産を控えて搾乳はしない時期』てことでしょうか??

水牛水牛たち。
出入り口フリーになってたけど、外に出る者はおらず…暑かったもんね
しかし、水牛を見ると、自動的にモッツァレラチーズに脳内変換されます。病気です

ちなみに、暑いせいか、去年あんなにたくさんいたニャンコは一匹も見あたりませんでした。
全部里子に出されるわけも無いでしょうから、きっと避暑地を求めて屋内に引きこもってたんでしょうね。
ついでに、いないと言うと、羊の姿もなかった。
サイトに「山羊の赤ちゃん生まれたよ〜」ってあったのになぁ。ザンネン

そして残念と言えば、ことさら残念だったのは、レストランがメニュー変わってたこと!
去年も食べた「フライッシュケーゼ&カチョカバロ」をまた食べようと思ってたのに、無い!
パスタとかハンバーグが中心の、すっかり普通のレストランへと変貌してました…。
じゃがバターも、牛乳も、ソーセージやチーズの盛り合わせも美味だったけど、目当てはアレだったのに〜!!
ショックのあまり肉という気分にもならず、ここまで来てメインはカルボナーラを注文してしまったとです
正直、料理ものは美味しいとは言えず…いや美味しいけど、「普通に」美味しいでしかないわけで……。
なんだかすっかり魅力が無くなってしまいました。

「次回、牧場見学には来たいけど、レストランはもう無し」
全員一致でその結論でしたヨ。
嗚呼、箱根牧場レストラン…なぜメニュー変えたんだ


[参照リンク]
・箱根牧場
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
Comment




  ※文中にURLなどが含まれると弾かれます。管理人への連絡は、こちらに記載のアドレス宛にメールでお願いします。
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://trip.nisekobox.com/trackback/175