北海道旅行記です。
自分用の外部記憶代わりなので、
更新ペースは超テキトーです。


目次
去年の北海道旅行から1年とちょっと。
今年も6/28日(水)〜30(金)の2泊3日で、北の大地へ行ってきました!

去年は平日の休みを取るのが難しかったのでGWに行ったのだけど、やっぱ繁忙期は混んでるし、なにより値段が高い! 来年は絶対安い時期の平日にしよう!…そう思ってのこの日程です。
ホントは道東に行きたくもあったのだけど、なんやかんやと道央コース
それでも、都市は外してもちっと内陸にしてみました。

[1日目:千歳〜大滝〜京極〜ニセコ]
出発
社台スタリオンステーション
フォーレスト276大滝&きのこ王国
京極ふきだし公園
倶知安&ニセコ
ニセコロフト倶楽部
リゾートインニセコ

[2日目:ニセコ〜洞爺湖]
朝食
洞爺湖
昭和新山&有珠山
ペンションおおの

[3日目:洞爺湖〜室蘭〜白老〜千歳]
朝食
室蘭市内&地球岬
ステーキカウベル
ハイジ牧場
帰還
出費まとめ

……と、こんな感じ。
去年同様、予定を立てたのは3月。
でも、なんやかんやで時間を食われ、詳細をちゃんと決めたのは1週間前になってから。しかも、タイムスケジュールは組まず、目的地をだいたいピックアップしたのみ。かなり熱を上げていた去年とは雲泥の差です

この行き当たりばったりが吉と出たか凶と出たかは…
ま、中身を見てのお楽しみ?
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
出発
去年、11時出発→12時半到着の飛行機で行ったらば、「社台SSの見学は午前中のみ」という事実にあぜんぼーぜんだったので、「今年は何としてもリベンジじゃ〜!!」っと、8時出発→9時半到着の飛行機を予約。
6時出発のリムジンバスに乗る予定だったんですが、雑用に時間食われて間に合わず。
次の便は6時半で、おまけに道中ステキに大渋滞! ターミナルに着いたのは7:40と、超ギリギリでした!!
朝から空港内を猛ダッシュしてしまったり
もちろん手荷物を預ける時間もなく、すべて機内持ち込みの緊急処置でした。

ポケモンジェットなんとか無事に乗れて、ふと見ると隣にポケモンジェット。
そういえば、去年は帰りの便がポケモンジェットでした。機内上映とか特別なこともなかったですけど

上空から
バタバタしたけど、定時の9時半に新千歳到着。
去年は「GWでも平日は空いてるなぁ」と思いましたが、今年はさらに空いてましたね。

去年と同じで、レンタカーはトヨタレンタリースにネット予約済み。
同じように空港内の受付カウンターに行って、送迎バスで営業所へ。
残念ながら天気があまり良くなかったのですが、さすがは北海道、ジメジメ度はゼロです。
去年は5月でまだ肌寒かったですが、今年は6月末。
ほぼ2ヶ月違ってるだけあって、すっかり夏の気候で気持ちよかったです

用意された車はヴィッツ。一度乗ってみたかったので、ちょっとワクワク。
しかし、シフトがドノーマルなセンターシート仕様で、サイドブレーキもレバー式。
真ん中が塞がってるのも辛いですが、何よりシフト位置が違うのに参りました。
普段コラムシフト車(初期型ラウム)に乗ってるからすっかり手が覚えちゃってて、反射的にハンドルの横に。
もちろんそこにシフトはないから、結果的にワイパーを……
これは3日間の最後まで慣れなくて、出発とか到着とかバックとかの度に、ワイパー動かしちゃって、「あわわ〜」てなってました。
とても運転歴12年とは思えぬ挙動不審っぷり。いや、慣れって恐ろしい。
去年はパッソを出されて「ヴィッツが良かったな〜」て思いましたが、とんでもない!
来年はパッソになるよう車種指定せねば!!

そういえば、去年にネット予約した時には千歳すずらん営業所だったのが、今年は千歳ポプラ営業所に。
営業所地図見ても同じ場所だったから、てっきり名前が変わったのかと思いきや、連れて行かれたのは去年の営業所を通り過ぎた向こう側。ほぼ同じ場所に営業所がふたつってカラクリでした。
なんで2店舗もあるんだろ?? やはりレンタカー需要が多いからなのかなぁ??
(「トヨタレンタリース札幌」と「トヨタレンタリース新札幌」と、営業母体からして違うことを知ったのは後々のこと…)


[参照リンク]
・トヨタレンタリース札幌
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
社台スタリオンステーション
去年と同じ案内板(携帯撮影につき拡大版無し)去年のリベンジ。やって来ました、社台スタリオンステーション。
今年は……おお〜おるおる。馬が居ますよ!!
案内板にも「放牧時間:9:30〜12:00」とばっちり。

…あれ? 去年は確か10:30〜12:30ってあったような…。1時間前倒し??
サマータイムって奴でしょうか?
30分短くなってるし、またタイムアウトする人がいたんでは。
なかなか見学するのも大変です



ラインナップこんなマップもありました。
しかし、アドマイヤドンはいなかったデス…。
タニノギムレットがず〜っと寝てたから、どっかで寝てるかと探しましたが…やっぱりおらず
ま。とにかく、念願の種牡馬たちがいるのだから、写真撮らねば!

カメハメハまずはキングカメハメハ。
薄曇りだったけど、その分、暑くなく快適そうでした。

カメハメハ2ちょびっと寄り。見学用の展望台があるので、かなり遠くまで見通せます。
…その代わり、馬たちも遠くにいることが多かったですが…。

カメハメハ3もいっちょカメハメハ。鹿毛が草地の緑と良く合います。
まだ引退して間もないので、筋肉は現役を思わせます。(腹は…まぁ気にしない)

タニノギムレット隣に移ってタニノギムレット。奥にちらっとカメハメハが見えますね。
ギムレット君、基本的にず〜〜っと寝てました。
施設の奥で係の人が草刈りしてるのが気になるらしく、時々起きあがって確認。

タニノギムレット2もひとつギムレット。寝てまする……
「これはこれで可愛いから良し!」とは相方の弁。
うむ、カワユイです。

ゼンノロブロイそのお隣はゼンノロブロイ。黒いからすぐ分かります。
好奇心旺盛なのか、しきりに近づいてきます。こちらもかぶりつき。(間を分かつ柵がニクシ!)

ゼンノロブロイ2もいっこロブロイ君。奥に見えるのはゴールドアリュールです。
どっちも、美味しい草を探して、歩き回りまくり。
それにしてもキレイな草地です

トウカイテイオー隣に移って、最後はトウカイテイオー。
見学台の近くにいることが多かったんですが、丁度、二重になってる柵の杭が重なるあたりにいたので、なかなかフレームに収まってくれず…。頑張ってこの程度です。

テイオー&アリュール柵からやっと離れたと思いきや、水を飲みに行くテイオー。
丁度、ゴールドアリュールがいる馬場との境目にバケツがあったので、しきりにお互い何やら語らってました。
そして、やはり草刈りが気になるらしく、熱い視線を送ってました。

……と、こんな感じ。
写真はとことんパッとしませんが、実物はとても良かったです
もともと写真撮影用に作られてる施設じゃないしね。
しかし、去年時間内に行けなかったことがつくづく悔やまれます。ク・ロ・フ・ネ〜〜!
あ、あ、あ……葦毛馬も見たかった。
来年は、来年こそは是非!


[参照リンク]
・社台スタリオンステーション(ノーザンホースパーク)
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
フォーレスト276大滝&きのこ王国
1時間ほど種牡馬たちを見学し、おみやげにディープグッズも買い、満足したところで社台SSを離脱。
次に目指すのは、今夜の宿泊場所・ニセコへと至る道すがらにある支笏湖。
そして道の駅・フォーレスト276大滝です。

が!
支笏湖にこれといった目的地ポイントが無かったので、その先の道の駅・フォーレスト276大滝にカーナビをセットしておいたら、「苫小牧で高速に乗れ」との指示が。
疑問に思いつつも、知らない土地だから素直にナビ従って高速に乗り、白老インターで降り、山越えの道路を走り……1時間半後、道の駅に到着。
支笏湖通り過ぎてんじゃんよ!!
オマケによくよく地図を見返すと、微妙に遠回り…
うむむ…やっぱり、ナビを鵜呑みにしちゃいけまへん。

支笏湖は行けなかったけど、気を取り直して昼飯をば。
ここの道の駅は、隣に「きのこ王国」というちょっと怪しげなドライブインがあって、きのこづくしの料理&おみやげで人気らしいのです。
隣接とはいえ、歩くには距離があるので、まずはきのこ王国の駐車場に。
建物の外観からしてインパクト強でした。
黒と朱と金で彩られており無駄に巨大。なんだろう…西遊記的イメージ? 天竺とか、閻魔大王の城とか…そんな感じです。(あまりに悪趣味すぎて、写真撮るのも忘れた…)

きのこ王国店内はこんな感じ。
普通に「昔ながらのドライブイン」です。
建物が巨大だから、中はどんなかと期待したけど、ただ天井が高いだけだった…。

キノコチーズカレー 880円
お昼です。
私は「バリバリバリューセット(右)」を注文。
うどんが食べたかったのと、うどんだけじゃちょっと物足りないかなぁ…と、キノコ丼とのセットをば。
味は……まぁ、ふつーかな?
相方はイチオシメニューだった「キノコチーズカレー(左)」をば。
その名の通り、キノコとチーズのカレーです。石焼きですね〜
味はと言うと……これまた「ふつー」とのことです。

きのこ王国……噂程ではなかったような
もしかして、一番の売りである「キノコ汁」を食べなかったからかも?
100円だったし、注文すれば良かったかなぁ? でも、汁物をプラスって気分じゃなかったんだよね。

食後、隣接する物産販売所でおみやげを物色。ここが凄かった!
見渡す限り、ナメコとナメタケ。
500〜700円程度で、柚子ナメタケやら山椒ナメコやら…ざっと数十種の品揃え。
サイズも数サイズあって、めちゃ選び甲斐ありました
重たい瓶詰めで嵩張るので、「柚子ナメコ」と「ノーマルなめ茸」しか買いませんでしたけど、家族にも好評でした。
…冷静に考えると、「なにも北海道まで来てナメコ買わなくても」て感じですけどね
その他にも、会社用のおみやげにキャラメルをどちゃっと。ジンギスカンキャラメルも入れときましたよ
このおみやげコーナーは、行った甲斐あったと思います。
いや、むしろココを目指してくるべきかと。


お昼食べて、おみやげも見て…と、そろそろ催してきたので、トイレに行くべくフォーレスト276へ車移動。
きのこ王国にもトイレはありますけど、このフォーレスト276は「1億円のトイレ」で有名な場所。
せっかく来たのだから拝んでおかねば!

トイレは、真っ正面から入って、一番奥の地下。
降りてすぐのエントランスにグランドピアノが置いてあって、自動演奏中でした。
床も壁も総大理石でめちゃめちゃ雅です
でも、正直トイレとしてはあまり良さを感じず。いまひとつ掃除が行き届いてないんですよね。
汚いワケじゃないけど、磨かれてる感が無く、高価な石や貴金属の良さが全然出てなかったです。
トイレそのものが一昔前のサービスエリアのトイレみたいな造りなので、なおのことミスマッチ。
高級感漂うフレグランスとかも無く、トイレ全体にサンポール系のニオイが漂っていて、雰囲気ぶちこわしでした。
超ド級に「高級」であっても、高級感は限りなく「ゼロ」……ホント、残念

(2007年追記:翌年行ったときは、改善されてました)
(2010年追記:なんと花畑牧場のショップ&レストランになってました)
(2011年追記:なんとなんと!! 2010年10月末で花畑牧場閉店したらしいです…これにはビックリ)


[参考リンク]
・フォーレスト276大滝(伊達市の道の駅)
・きのこ王国
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
京極ふきだし公園
霧の中(ケータイつき拡大版無し)フォーレスト276を出たのは13時半くらい。
次に目指すのは、京極のふきだし公園です。

途中、少し標高が上がったせいか一面の霧!
視界30mデス
分厚い雲が出てたのもあって、雨になるかと心配しましたが、下るに連れて薄まり、喜茂別の手前あたりで雲も含めて一気に晴れて、一安心

30分程で目的地に到着。
その頃にはかなりの快晴で、むしろ暑いくらいでした。

ふきだし公園ここは、名水100選に入る美味しい湧水で有名な公園。
持ち帰り自由ってことで、特別な施設もないですが人気のスポットらしいです。観光バスもチラホラ来てました。
ちなみに、普通の公園なので、入場料は掛かりません。駐車場も無料

公園の中口コミ情報に「ペットボトル持参で!!!!!」とあったので、ペットボトル片手に園内へ。
吊り橋を渡って、そこから水源の沢に降ります。
写真じゃ涼しげですが、暑かった!!

沢のほとり水源の沢…というか池になってます。
さすがにここは涼しくて快適
水も綺麗だし、魚(やまめetc)も泳いでるし、目にも涼しくて、癒されます。

ふきだし口ふきだし口です。
こんな感じで、岩の間から湧き出す水を汲めるようになってます。
しかし、いざ汲もうとしたら、どうやればいいか迷ったりも。(コップを使うべき? 直に汲むならどこから??)
結局、段になってるとこから汲みました。

これだけの場所でしたが、通りがかりで小休止するにはなかなか良かったです。
涼しくて、気持ちよくて、癒される
季節的も新緑まっさかりなのがバッチリだったんでしょうね。

30分程滞在して、その手には水とソフトクリーム。何しろ暑かったので
公園内にはジンギスカンのお店とかもあって、なかなかに盛況のようでしたが、この後にジンギスカンのお店に行く予定だったので、ここのはパスしました。


[参考リンク]
ふきだし公園(北海道京極町公式WebSite)
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
倶知安&ニセコ
京極から276に沿って西へ。
目指すは倶知安、そしてニセコです。
エゾフジの雄姿途中、羊蹄山をパチリ。さすが蝦夷富士と呼ばれるだけあって、雄大です
午前中の曇天がウソのように晴れたのはいいけど、残念ながら山頂の雲だけは取れず…。
この時期、雲が掛かってない方が少ないらしいので、仕方ないですね。雨でないことだけで有り難いです。

羊蹄山を眺めつつ倶知安へ。
ここでは「美味しいと有名なジンギスカン屋に行こう!」と思ってました。
が!!
まだ時間が早かったのもあって、お店は準備中
クチコミ調べた時は営業時間まで書いてるトコロはなく、何時開店なのかは分からなかったんですよね…。
恐らくは17時かそこいらの開店。しかし、それまで時間つぶすには、あまりに倶知安は平凡な地方の街
そもそも「営業前で準備中」なのか「今日は休み」かも判断出来なかったので、ジンギスカンは諦めることに。
泣く泣く倶知安を離脱、ニセコへと走りました。
今更ながら、支笏湖に行かなかったのが悔やまれます

ニセコへは30分程で到着。
本当は、「倶知安で夕飯→ニセコの宿直行。ニセコ観光は明日」のつもりだったんですが、なにしろ時間が余っちゃったので、先にニセコを見て回ることに。とりあえず、ネットで調べて行こうと思ってた、お店にGO!

・エフエフ
事前に調べてめちゃ気になってた自家製ソーセージのお店です。
しかし、時間が時間だったため、店内は閉店準備中。
ショーケースにハム類は並んでましたが、なんか尻込みしちゃって、何も買わずにすぐに出て来ちゃいました。
外にいたオーナーらしき人の、不審そうな視線が痛かった!!

・ミルク工房
さすが観光スポットとして人気もある場所だけあって、夕方でもそれなりに混んでました。
牧場直営の新鮮な牛乳を使ったお菓子が有名で、特にシュークリームとロールケーキが人気とのこと。
平日だったこともあり、まだ数量限定品も売ってました。
でも、さすがに東京まで持って帰るのは無理だし、買って宿で食べるのも何だし…と、シュークリームのみ注文。
注文してからクリームを詰めるので、皮はサクサク、中はとろ〜り!
ほのかにリキュールが入ってて、香ばしい! ボリュームもあり、とても美味しかったです。
次があったら、是非ロールケーキにチャレンジしたいです

ミルク工房のまわりは、見学用厩舎(日中に引き乗馬とかやってるみたい)があったり、斜面は一面牧草地でそこここに牧草ロールが転がってたりと、めっちゃ牧場ムード。
ほんのり暮れてきた空と、羊蹄山とも相まって、とてもさわやか〜
仕事のもやもやとかも全部吹き飛んで、最高に良い気分です。
ニセコサイコー!!っと、めちゃベタな旅行マジックに染まってました。


[参照リンク]
・ニセコミルク工房
・手作りハム&ソーセージレストラン エフエフ
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
ニセコロフト倶楽部
倶知安をすっ飛ばしてしまったので、今夜の夕食のアテがない。
宿は「夕食なし」で予約してたし…ってことで、どこか飛び込みで入ることに。
しかし、ニセコの飲食店については全く調べておらず。
というか、「ニセコは昼食処はあるけど、夜飯食うには難儀する場所」てなクチコミだったのでノーチェック。
それが見事にドツボで、行けども行けども、営業している店が無いですよ
のぼりとか立てて一見営業しているように見えても、近づくとシーズンオフ休業だったり…。
どうしたもんかと、うろちょろしてたら、「ステーキ・ジンギスカン」の文字がチラリ
なんか飲み屋っぽかったので、一旦は通り過ぎたのだけど、やっぱりアテがないので、寄ってみることに。

ロフト倶楽部ロッジ風の建物。お店の名前は「ニセコロフト倶楽部」
ステーキとジンギスカンと焼肉のお店で、貸し切りタイプのパブも併設のアットホームなお店です。

着いた時は17時ちょっと過ぎで、お店も閉まってて、人の気配も無し。
車が停まってるから誰かは居るだろう…と近寄ってみると、裏手からひょっこりとご主人登場。
どうやら営業時間は17時半からで、丁度準備を始める所だったみたいです。
「時間まで待ってますから〜」と、その辺をプラプラ。

夕暮れ羊蹄山お店の前から羊蹄山を。やっぱり雲は晴れず

看板犬(携帯撮影につき拡大版は無し)お店の裏手には看板犬のコーギー君が。
めちゃ人なつっこくて、「ボール投げてくりぇ〜」と笑顔。むほ〜っ、癒されます
残念ながら名前は分からず。

しばらくワンコと戯れてたら「どうぞ」と招かれたので、時間より前だったけど有り難く店内へ。

ステキ店内1こんな感じのステキ店内。
あんまりお店の中とか写すのは宜しくないだろうけど、あまりにステキだったので、つい

ステキ店内2もう一枚だけ。
カウンターもオシャレです
外観が素朴なので、あんまり期待してなかったのだけど、なかなかどうしてステキコーディネートですヨ!
カッコイイし、なにより居心地がグー!!

生ラムジンギスカン3人前(携帯撮影につき拡大版は無し)メニューはスタンダードなステーキからコースまで様々あったけど、もともとジンギスカンが食べたかったわけですし、生ラムジンギスカンにしました。
2人分だと少ないかな〜と、焼肉屋気分で3人前を注文
ご主人に、「え? 結構量あるよ」と聞き返されつつも、「あはは、大丈夫ですんで」と。
しかし、ご主人の言葉は、比喩でも大袈裟でも無かった!
ただでさえ量があり、一枚一枚も分厚くて、ボリューム抜群
「生ラム炭火焼肉」って感覚で、最後の方は「味わう」ってよか「詰め込む」。これにはちょっと後悔でした
もちろん残すのなんて申し訳なさすぎるから、死んでも完食ですけども。
最後は無様でしたが、それまでは幸せ全開。とっても美味しゅうございました

お値段は、1人前1980×3+烏龍茶+アイスコーヒー=計6410円
バカ安じゃないけど、あの量とあの質から考えると、格安ですね。
次にまたニセコに来ることがあったら、是非また行きたいです! ただし、今度は2人前でネ!
(追記:翌年から毎年通ってます)


[参照リンク]
・ニセコロフト倶楽部
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
リゾートインニセコ
腹一杯になったし、後は風呂入って寝るだけ〜っと。
目指すは本日の宿。ネットで見つけた時から期待大だった、ペンション・リゾートインニセコです。

場所はニセコ駅近くで、主要道路の5号からちょっと小脇に入った所。
でもその5号が駅を離れるとがらーんとしてるので、カーナビでヒットしてもちょっと不安でした。
サイトにあった「この看板を目印に来てね」な案内を頼りに走ってると、物産品直売所の角に看板発見。
直売所横のほっそい砂利道をバリバリと進み…200mほど先に、おお、あった!
なんとか迷わずに到着出来ました

宿外観まずは正面にて。
スッキリした作りの、こじんまりとしたお宿です。まだ新しくて、とってもキレイ

部屋その1お部屋。
予約したサイト(たしかじゃらん)では部屋のタイプが選べなかったので、「洋室で」と後からメールでお願いしてたのだけど、3タイプある洋室で一番広い「ロフト付きの4ベッド」の部屋でした。

部屋その2
2人なので、もちろんロフトは使うことないのだけど、本日の客は私たちだけとのことで、恐らくサービスして頂いたんだと思われます。(この部屋は2人では予約選択不可だったので)

部屋の窓から窓から網戸越しの羊蹄山。
目の前は牧草地になってて、ちょうどこの日に刈ったばかりの草に覆われてました。
丁度いい具合に風が吹いて、めちゃめちゃ気持ちいいです。
しかし、何故か奥の林の一部分が電飾されてたのが気になったです (クリスマス?)

お風呂は展望風呂を部屋単位で貸切のシステム。
事前に時間も指定してたんですが、客が誰もいないのもあって、予定より早めに入らせてもらっちゃいました。
温泉ではないですが、檜造りの広い湯船だったので気持ちよかったです。
お風呂の後は、マッサージチェア(無料)をヒトリジメ。
他に客がいないのをいいことに、1時間近く陣取ってたり

せっかくのステキ宿なので、もっと色々堪能したかったのですが、なにせくたびれてたので、荷物の整理もそこそこに沈没
相方は、DSでゲームやってたり、TVでお笑い番組の特番を見てたりと、夜更かししてたみたいですが、私はベッドカバーの上から寝ころんだまま、朝まで爆睡でした。


かくして、トラブル続きの1日目は終了。
早くも、「もっとちゃんと練ればよかった」と、計画の足りなさを痛感
明日以降、どうなることやら。


[参照リンク]
・リゾートインニセコ
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
朝食
2日目の朝。

目が覚めたのは5時ちょっと過ぎ。夕べの姿勢のままで寝てました。
せっかくのホテルベッドなのに、中に入らないで終了…
外を見ると、日の出こそまだだけど明るくなってて、裏の牧草地とそのむこうの羊蹄山がバッチリ。
雲が多くて天気はイマイチだけど、ジメジメ感が無くて、とにかく気分爽快です

1時間ほどは、外を眺めたり、体操をしたり、荷物を整理したり……と、ゴソゴソ。
でも飽きてきたので、相方を叩き起こして、散歩に行ってきました。

砂利道宿の前で。
右側に宿で、正面に行くと昨日入ってきた国道5号に出ます。
この砂利道を、6時の方向へじゃりじゃりと。

途中は、家は1軒だけで、ひたすら林。
沢もあったりして、マイナスイオンとフィトンチッド出まくりです。
歩くこと10分で林の砂利道は終了。舗装されてる道に繋がってました。

どんより羊蹄山舗装された道に出た後は、民家やらお寺やらお墓やらを望みつつ、緩やかな下り道。
残念ながらどんよりですが、羊蹄山もよく見えます。
曇ってても湿度が無くて、サラサラ空気。東京ならジト〜っと汗ばむところなのに、ほとんど汗は出ません。
さすがの北海道を身をもって体感

カーブの多い道を歩くこと約20分で、国道5号に。
宿の前の道がある角までは直線距離で1kmほど。
しかし、散々下ってきたツケが! 最後にめちゃ急&長い坂が待ってました
長さは500mくらいで、傾斜度は15度ほど? とにかくめちゃ急です。歩道もなくて、すぐ脇を車がビュンビュンと。
さらに悪いことに、履いてきた靴が微妙にきつく、坂の半分くらいまで来ると、足が痛くてヘロヘロでした

牧草地の小さな宿やっとこさ宿に帰還。
1周約3kmで、45分ほどかかりました
出る前に、「朝飯は8時でいいですね」って言われてたけど、15分もオーバー
客が私らだけだったから、完璧待たせる形になってしまい、なおさら申し訳なかったです。
次に散歩する時は、逆向きで散歩しよう!…っと、心に刻みます。

あさごはーん!朝ご飯は、宿特製。
和食or洋食が選べて、もちろん洋食をチョイス。
厳選素材を使ったこだわりの朝ご飯……と聞いていたので、期待大!
でも、いざ席に着くと、「あれ? これだけ?」とちょびっとガックリ

いやいや! これはスマートなお皿に盛りつけてあるからです。
食べると結構ボリュームありました
そりゃ、朝食バイキングとか比べると少ないですけど、1品1品がむちゃ美味しいし、控えめな分、味わえるというか…とにかく食べ終わっての不満は全くなかったです。特に、ソーセージのおいしさは感動モノ
ご主人曰く、「山方向にあるハム・ソーセージのお店におろしてもらってる」…まさか、昨日のトコロでは!?
パンも美味しくて、「カボチャのパン、もう一つどうですか?」のお言葉に、相方共々ありがた〜く頂きました

食事も終わって部屋でまったりした後、9時過ぎにチェックアウト。
見送ってもらいつつ、砂利道を元来た方向へ。

と、走り出して数分もしないうちに大粒の雨が!!
つい1時間前――食事中にちょっとだけ晴れ間が見えて、「良かった、晴れそうですね」って言われたばっかりだったので、ちょっとニガワライです。(ご主人もさぞや心中複雑だったろう…)

それはそれとして、部屋も、お風呂も、朝飯も、ツボにはまりまくり。
最後も見えなくなるまでずっと見送って頂いて、ほんっとに! 素敵な宿でした!!
なにげにペットOKだし、来年は犬を連れて!と、早くもリピートする気マンマンです。また来よう!
(追記:翌年から毎年リピートしてます)


[参照リンク]
・リゾートインニセコ
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
洞爺湖
宿を出て早々に、あいにくの雨。しかもかなりの土砂降りです

午前中の予定は、「ニセコを回って、お昼頃に洞爺湖着」と思ってたのだけど、雨だし、ニセコで行こうと思ってたお店は昨日行っちゃったので、牧場見学とかは諦めて、洞爺湖へ向かうことに。
行こうと思ってたダチョウがいる牧場の場所が分からなかったというのもあり…つまり、またも計画不足…

換毛期でケバケバ(携帯撮影につき拡大版無し)ニセコから真狩→ルスツを経て、洞爺湖へ。

途中、峠の途中でキタキツネを発見。
車を停めてしばし記念撮影です。
観光客がくれる食べ物目当てなのか、あっちも逃げもせず。
残念ながら、私も相方も、動物好きな割に動物にキビシイので、近づくどころかおやつのひとつもあげませんでしたがね

洞爺湖到着
1時間ちょっとで洞爺湖到着。とりあえず、駐車場が無料だったのに驚いた
そして、気が付けば雨は止み……。

乗船中(行き)あまりに早く着いたから、予定になかった観光遊覧船に乗ることに。(無計画)
この遊覧船、高校の修学旅行で乗ったことあるんですが、その時(十ン年前)と全く変わってませんでした

中島に接近揺られること15分程で中島に到着。
空も晴れてきてなかなか気持ちいいです
これで、もっと乗り甲斐のあるカコイイ船だったら言うこと無いのだけどね…。

中島に到着中島に停泊。折角なので降りました。
記憶ではエゾシカがいたはず。ダチョウと触れ合えなかった分とりかえしちゃる〜!!
…てな勢いで行ったのですが、残念ながら、エゾシカが居る林は柵の向こう。申請しないと中には入れません。
「申請=中島をトレッキング」なので、あえなくUターン

乗ってきた船は出発しちゃってたので、戻るには次の船を待つのみ。
しかし、次の船は30分後!!!! 見て回れる施設もなく、時間を持て余しまくりでした
モーターボートでの湖面観光もやってたので、そっちにすりゃ良かったかなぁ……。

生きた水上掃除機やることがないので、湖面に群がる魚に餌をあげたり、白鳥を眺めたり…とにかくひたすら船を待ちます。
正直、無意味な時間でした
餌を貪る白鳥は可愛かったけど、それだけのために中島に降りることはなかったヨ。

乗船中(帰り)やっとこさ来た次の船に乗って、乗船所まで戻ります。帰りも、所要時間は15分。
着いた時は、「や〜っと着いた」って、ちょっぴり疲労感でした。
久々に乗ってみて感じ方変わるかな?と思いきや、全く変わりませんでしたね。(残念…)
土産物屋とか体験コーナーとかもあったけど、どっちも"あるだけ"って感じで、所在なさげ。
建物その他の老朽化も著しいし、大丈夫か洞爺湖の観光ビジネス!?
…って、去年の登別同様、心配しちゃいました


[参照リンク]
・洞爺湖温泉誕生100年事業委員会
・洞爺湖汽船
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
| 1/2 | >>