北海道旅行記です。
自分用の外部記憶代わりなので、
更新ペースは超テキトーです。


2011年 旭川・ニセコ2泊3日
10/20(木)〜10/22(土)の2泊3日で行ってきました。
相変わらず2泊3日。しかもほぼ去年のまんまな行程です
※順々に編集、UPしていきます。

[1日目:千歳〜夕張〜富良野〜美瑛〜旭川]
出発
北海道物産センター夕張店
富良野チーズ工房
ジェットコースターの路〜新栄の丘〜宿へ

[2日目:旭川〜小樽〜ニセコ]
森のゆ花神楽・コテージ
就実の丘
旭山動物園
ラーメンふるき
小樽へ〜小樽散策〜ニセコへ〜昆布温泉
ニセコロフト倶楽部〜宿へ

[3日目:ニセコ〜喜茂別〜大滝〜千歳]
リゾートインニセコ
ニセコミルク工房〜チーズ工房
ダチョウ牧場〜涌水の里
ふくろうの森〜大滝きのこ王国
帰還
出費まとめ

こんな、結局・南極・道央コース。
道東攻めたいのだけどねぇ…飛行機がねぇ、移動のロスがねぇ…
魅力いっぱいすぎてなかなか手を拡げられない、つくづく「でっかくて罪なヤツ!」ですよ、北海道は。
そして、今回はメンバーも増えに増え、ついに6人。
もはやツアー。言い出しっぺとしては、なかなかのプレッシャーです。
それがついに事件を起こすことに……!?

旅のしおり(7MB/PDF)
今回は作る時間が取れなくて、A5サイズ4面です。
去年付けた「お小遣い帳」が好評で、拡張を求められたので、今年はドーンとスペース取ってみました。
皆、まめまめしく買い物履歴を書き込んで、経費の計算や割り勘等々にもかなり役立ってたり。お小遣い帳、侮れないっ!
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
出発
今年も北海道行ってきました!
…て、実はコレ、2013年の7月に書いてます
写真はUPしたものの、2年近くも放置してしまい思い出もかなりすっ飛んでます
だので、今回の旅行記はあっさり目でお送りします。
むしろ一言二言の方が良いのかと。いつも書きすぎだと、自分でも思っちょります。(反省)


さて、出発です。
本日の飛行機は、8時フライトの747型機。「THE・飛行機」な4基エンジン。好きだ!

今回も、空港まではもちろん首都高で行きました。学習(08年参照)の効果が出ていますね
それでもやや詰まり気味で冷や汗。朝の湾岸エリアはホント時間が読めなくて恐ろしいです。
ま、空港内でブラブラする程度には余裕ありましたし、雨予報だった天気も曇で、幸先良し! (※フラグ)


ポケモンジェットが見切れてたので、望遠にて。
ピントは手前の777の尾翼に合ってますけど


ほぼ定刻どおりに飛び、9時半には新千歳に。フライト中に雲も切れて、北海道は晴天でした。
セントレアからの名古屋組と合流して、いざ北の大地に足を踏み入れますよ。


レンタカー受付後、まず目指すのは夕張!!
なんで夕張かというと、目的は「炭鉱」でも「黄色いハンカチ」でもなく、メロン熊です。
ゆるキャラ&キモカワ好きのメンバーの希望により、メロン熊グッズを調達するそれだけを目的に、「北海道物産センター夕張店」を目指します。

なお、今回はついに6人という大所帯だったので、レンタカーも「乗用車」から「ワゴン」にクラスUP。
配車されたのはプラン内で一番デカイ、アルファードでした。
地味にワゴン初運転。これがまた、な…慣れない
傍目からはともかく、運転手はしばらく四苦八苦してました。(特に座席の調整に難儀)
これが悲劇を生むことに…。次回に続く。
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
北海道物産センター夕張店
千歳から、道東自動車道で夕張へ。
追分経由で下道を往く方が楽しいのだけど、なるたけ時短すべく高速ルートです。
(だので、今回は社台スタリオンステーションも寄らず…嗚呼、クロフネ〜)

夕張ICで降りると、すぐさま舗装工事中で片道相互通行に。
山間部だけあってダンプも多め。片道信号でつかまってるダンプの後ろにて待機します。
――片道相互通行信号…どうでしょう藩士にはお馴染みですが…そう、事件の予感です。
数分後、青シグナルとともにダンプは勢いよく発車!
片道相互ゾーンを軽やかに抜け、あっという間に見えなくなりました。
その巨体を追いかけるってわけでもなく、のどかな田園風景の中、ブイィーンと気楽に走るアルファード@ワゴン運転歴30分。
その時! 左手の茂みから、飛び出して来たんです!!
旗を振ったヘルメット姿の男性が。
クマかシカと思い、危うくひき殺すところでした。(マジに)
男性は言いました。「はい、そこ左に入って駐めたら、免許証持っておりてくださーい」と。
…おわかりでしょうか? そうなんです。

スピード違反で捕まりました。
(ガガガガーーーーン!!!!)

ワゴン歴30分で捕まるとは!
てか、運転歴15年強にして初のスピード違反!
ショックが大きすぎて、むしろ淡々と署名、そして拇印。
29kmオーバーで3点、罰金18000円の青切符にございます…ナサケナヤ!
あまりの凹みっぷりを見てか、同乗者が罰金を割り勘してくれることとなり、3000円ずつの負担に。
ホント、すみません。ホント、申し訳ない。心底凹みました
その後、めっちゃそろ〜りとした運転になって、後続車を苛つかせたのは言うまでもありません

ちなみに、取り締まりやってたのは、このあたり
皆さんも(スピードの出し過ぎには)くれぐれもお気を付け下さい…トホホ


ヨロヨロ運転で、現場から数分――目的地に到着しました。
しかし運転手の黒い気に中てられてか、「グッズ&軽食・カイアサリーノ★」ムードは完全に消失。
とりあえず軽食には目もくれない面々です


さらに、「ここにしか売ってない」とサイトで告知されてたグッズのほとんどが品切れ&マイナーチェンジしており、メロン熊目当ての同行者も、いささか黒いオーラを放つようになり…
ここで使う予定のお金を献上してしまったこともあり、たっぷり買い漁るはずが、数分の滞在に留まりました。
否…スピード違反の一件が無くとも、ここを目指してくるだけの価値はなかったかな…。(2011年当時)


ガックリにガッカリを上塗りして、一同速やかに車へ。次の目的地は富良野です。

452号で桂沢湖を抜けるコースなので、忌まわしき事件現場にも一旦戻ることになります。
些かきまりが悪いですが、仕方ありません。
もちろんソロ〜りと走ったわけですけど、現場前に着たら…もういねぇし!
あれからまだ15分しか経ってないんですけど!?
時計を見ると12時をまわったところ。昼か!? 昼休憩か?? それとも本日のノルマ終了か!?
何ともいかんしがたいモヤモヤを残しつつ、口々に「二度とこねぇよ! アッテムト!」と暴言を吐きつつ、夕張を後にするのでした。
…いや、そもそも自業自得ですから…ね


[参照リンク]
・北海道物産センター夕張店
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
富良野チーズ工房

そろ〜りと452号を走ること2時間半。富良野チーズ工房に到着です。

ここに来るのは都合3回目。今のメンバーでは昨年に引き続き2度目です。
定番観光スポットですけど、2度来るほどの場所ではなく、しかし来てしまったのはメンバーのリクエストから。
目的はチーズでもアイスでもなく、ピザ!


すっかり秋めいた庭を横目に、とにかくピザ!


マルゲリータ!
相変わらずのおいしさです。皮モチモチ〜
窯焼きで素速く出てくるところも嬉しい!


オニオン! 風味が良い!!


ついでにカプレーゼ!!(同行者が注文したのを激写)

食ってばっかりもアレですが、ちゃんとチーズも買いましたよ。(同行者が)
自分はデザートに牛乳ワッフルをば


去年は「怪しい薬草を煮詰める」な図だったので、今年は「師匠と弟子」な図で

この頃には、飯食った効果もあり、スピード違反のダメージもずいぶん回復。
同行者にこのような恥ずかしいポーズをさせて、ノリノリで写真撮ったりしてました。
いや、ホント、申し訳ない。


そういえば、去年書いた「オレンジソース」。
皆の間でずっと謎のソースとして語りぐさだったのですが、ふとその話を店長にしたところ、あれの正体を教えて貰いました。
それがまた、驚きの原料だった!
企業秘密カモシレーヌなので、我々だけ(?)の秘密にしておきます
いやぁ…まさかアレを煮詰めただけとは…。クゥ〜ッ!!


[参照リンク]
・富良野チーズ工房
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
ジェットコースターの路〜新栄の丘〜宿へ
ピザ食ってもう16時。
ぼちぼち日も傾きはじめてるので、急いで移動します。
去年、もたもたしてる間に日没時間切れしてしまった「夕暮れの美瑛」を眺めるべく、一路、新栄の丘へ。
去年のリベンジなら三愛の丘にすべきなんですが、また現在地を見失いそうだったので、ナビに出る新栄の丘をチョイスです。


ルート上なので、ジェットコースターの路も。


秋の美瑛、そして十勝連峰。
素晴らしい眺めです
傷心も癒されますゾ…。(まだ引っ張るか!)


新栄の丘にて。ナビに出るので迷わず着けました。
ちょうど日が落ちるギリギリのところ。


素晴らしい眺めです!!

が……写真には写ってないですが、恐ろしい数の雪虫が舞っていて、カメラを構えるのに差し障るほど
一度くっつく(とまる)となかなか離れないもんで、払った勢いで潰しちゃったりして、服に無数のシミが
日が落ちた瞬間の写真とかも撮りたかったのですが、とてもそれを待っていられる状況じゃなく、早々に撤退となりました。


美瑛・新栄の丘から、お宿のある旭川・東神楽へ小一時間。
本日のお宿は、昨年と同じ「森のゆ花神楽」です。
去年のコテージがすっかりお気に入りで、リピートしてしまいました

自炊による夕食はお好み焼き。
去年はザンギ名人使用による唐揚げ大会でしたが、油の始末が大変だったことを受け路線変更。
だが、これはこれで大変だった…。お好み焼きの"ついで"で用意した焼肉の方が好評で、「次回あるなら肉焼くだけで良いんじゃね?」て話になる始末 (その次回の顛末はこちら)
でも、そんな試行錯誤という名の勝手が出来るのも、コテージの"ミリキ"ですよね
ちなみに、コテージには調味料含め食材はゼロなので、油も粉もソースもマヨネーズも青のりも鰹節も、材料は全て途中のスーパーで買い込んでます。

あと、コンセントの数が少なく、場所も微妙なので、延長コードは持参必須です。それからホットプレートの油ハネがひどいので、油ガード的な物もあるといいでしょう。(と、未来の自分に告げておく)


お好み焼きに四苦八苦したところで、自業自得でトホホな旅行初日は終わりを告げるのでした。


[参照リンク]
・ジェットコースターの路
・新栄の丘展望公園
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
森のゆ花神楽・コテージ
2日目です。
日が変わったので、もうアレのことは口にすまい…

今日の予定は、まずは旭山動物園! そして、その前にちょっくら就実の丘へ。
9時半の開園前には動物園に着きたかったので、いささか慌ただしく出立します。


自炊コテージにつき、朝食もこんなレトルト感。各々、うどん茹でたりおかゆレンチンしたりでした。
1000円だかで、本館の朝食バイキング利用も出来るんですけど、こういうのもまた楽しい…ということで。
(ただ、出がけのバタバタしてるときに後片付けするのは面倒くさかった…)


コテージ外観。(写真は出発前に撮ったものなので、いろんなドアが開き放題)
去年と同じ宿なわけですが、前回は4人用コテージだったところを今回は8人用コテージで。
中身は去年と同じ(大きさのベッドの数が異なるだけで作りと雰囲気は同じ)なので、写真省略


同行者が撮影した素敵な1枚を拝借。コテージ裏側です。
この林向こうをずっといくと、オートキャンプ場とかアスレチック施設とか色々あるのだけど、とてもそこまで足をのばす余力はなかった…。朝散歩行くつもりが、朝風呂が関の山でした

昨年のリピートでしたが、1年経ってもまったく前回と同じ。何一つ変わって無かったです。
良くなったところも悪くなったところも、何一つなく。
変化があったとしたらこちらの心意気で、コテージに泊まるってことにテンションが上がることもなかったわけですけど、それくらい当たり前にくつろげるってのは良い宿の証拠ってことですね。
…と、今日のトコロは持ちあげておきます


[参照リンク]
・森のゆホテル花神楽
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
就実の丘
宿を出て走ること15分ほど。就実の丘です。
旭山動物園とは真反対ですが、去年見た景色が忘れられず、また味わいに来ました。


去年と同じクマ看板が…。よく見ると、「H24.7.22 目撃」の書き込みが足されています。


それにしても、相変わらずの眺望です。


右見ても左見ても、絵になる風景ばかり。


いや〜 ほんと素晴らしい景色です
去年と時期も同じだったので、写真にしてしまうと「同じ写真か?」って感じですけど、写真で見るのと直に見るのとでは雲泥の差!
今度は違う季節にまた見てみたいなぁ…。


[参照リンク]
・北の大地Photo Diary-就実の丘 (個人ブログ)
・いけてるモノ・コト-北海道バイクツーリング (個人ブログ)
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
旭山動物園


































































※とりあえず写真のみ。記事は追々UPします。
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
ラーメンふるき


※とりあえず写真のみ。記事は追々UPします。
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
小樽へ〜小樽散策〜ニセコへ〜昆布温泉








※とりあえず写真のみ。記事は追々UPします。
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
| 1/2 | >>