北海道旅行記です。
自分用の外部記憶代わりなので、
更新ペースは超テキトーです。


目次
5/2(月)〜5/4(祝)に、2泊3日で北海道へ行ってきました。

なかなか平日休みが取れず、開き直ってゴールデンウィーク真っ盛り…。
北海道というと、修学旅行くらいでしか行ったことが無く、初北海道の相方が一緒ってこともあり、「北海道の雰囲気をおさわり」がコンセプト。
移動は少なめで、近場の観光地巡りプランにしてみました。

[1日目:千歳〜札幌]
出発
到着&レンタカー
ノーザンホースパーク
社台スタリオンステーション
羊ヶ丘公園
藻岩山
サッポロビール園
ススキノグリーンホテル1

[2日目:札幌〜小樽]
朝食
時計台&旧道庁
小樽散策
しかま寿司
おたる水族館
札幌ラーメン屋巡り

[3日目:札幌〜室蘭〜登別〜白老〜千歳]
朝食
地球岬
登別くま牧場
ステーキカウベル
帰還
出費まとめ

……こんな感じのスケジュール。

予定を立てたのは1月頭。
予約をしたのは3月頭。
旅行会社のおっちゃん曰く、「早すぎるよ。チケットも何もまだ出せないよ」。
いやいや。何事も支度八割ですぞ!

::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
出発
今回、飛行機&ホテルのパックを使用。
そのプランが「出発遅めでリーズナブル」だったので、11時離陸の飛行機でした。
曇ってます地元から羽田までは直通バスで1時間程。
余裕を見て8時に家を出たら、羽田に着いたのは9時ちょっと過ぎ。
さすがに早すぎて、ターミナル内のレストランで朝飯食ったり、展望台をぶらついたり、深い意味もなく飛行機ぱちぱち撮りまくったり……と無駄にウロウロと。

ラインナップが微妙にオタク臭い屋上展望台の片隅にはガチャガチャ。
こんなところまで来てこんなものやる人っているのか!?
……と思いきや、子持ちの友人によると「これがまた、やるハメになるんだよね?」とのこと。
んん?? ってことは商売上手??

そうこうしてる間に時間が来たので、いそいそとゲートへ。
出発のトラブルもなく、定刻に離陸で、フライトも順調。
ただ、ちょっと風が強かったので、着陸時に揺れて少々気持ち悪くなったりも
(飛行機初の相方は、ことさらヤバかったみたい)
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
到着&レンタカー
12時半過ぎに新千歳に到着。
GW中だけど、中日の平日だったので、そんなに混雑はしてなかったかも。
ま、トイレに行ったのみで、空港内を見ることもなかったのだけどネ

トヨタレンタリースの受付カウンターまでは、階段を下りたり上ったり。
送迎バスで営業所まで行くとのことで、案内されるまま外に出て、待つこと15分…。
東京は快適な陽気でしたが、さすがに北の大地、ちょっと肌寒かったな

やっと来た送迎バスに揺られ10分程、ようやく営業所に到着。
言われるがままに返事して、サインして、免許証コピーされて、お金払って…って、ほとんどビデオレンタル状態。実は、初レンタカーなのだけど、案外あっさりと借りれて、「え? こんなもん?」て拍子抜け。
むしろ、待たされた時間のが長く、まるで病院のようでしたワ!!

なお、予約は車種までは選べず。
「コンパクトタイプの禁煙車」ってのみで、「パッソかヴィッツか…なんとなくヴィッツの方がいいな」とか期待してたけど、残念ながら手配されたのはパッソ。しかもボディーカラーは白…かなりダサイ
でも、運転席の作りが愛車ラウムと同じで、コラムシフト&フットタイプのサイドブレーキだったので、運転はしやすかったな。(そして、CD収納式のカーナビに驚愕する縄文人がふたり…)


なんやかんやと無事に旅の足も入手し、旅も本番スタート。
早速CDをツッコンで、車内はポルノグラフィティとカーナビ嬢の不思議なコラボ空間に。
「ナビが喋る時はちゃんとCD音量下がるのねー」って、またまた縄文人化してましたとさ。
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
ノーザンホースパーク
一番初めの目的地は、近場の「ノーザンホースパーク」。
ナビに言われるまま走り、あっという間に到着
むしろ、「入口」って看板で曲がってから、入り口に着くまでが長かったな

動物好きの相方に馬でも…と思って来たのだけど、案外、馬に触れる場所は少なく、ガックリ。
厩舎にいる数頭と、手の届かない柵付きの小馬場に数頭いる位。あとは、お金払って乗せてもらうしかなく…
折角だから引き馬(700円)を勧めたものの、「人が乗ったら重いだろうから馬が可哀相(@相方)」とのこと。
結局何もせず、終了 
…いったい何しに行ったのやら。

ま、敷地内はすごくキレイにしてあったし、観光牧場だけど、「マザー牧場」みたいに遊園地化もしてないし、馬に特化した雰囲気は良かったな。
お土産品も充実してて、競馬関係もそれ以外の馬グッツも色々。見てるだけで結構楽しめたし
あと、園内は屋外であれば犬の連れ込みOKなのがポイント高かったです
きっと無理だけど、いつかは自分の犬も北海道へ…という妄想がムクムクと。

オリジナルソーセージとキャベツのスパゲッティ 1100円そーいや昼飯がまだだったので、園内のレストラン「ノーザンテースト」にて食事。
私は、「オリジナルソーセージとキャベツのスパゲッティ」「富良野産とうもろこしのスープ」を、
相方は、「オリジナルソーセージとモッツァレラチーズのピザ」「ニセコ産の男爵芋のスープ」を、それぞれ注文。

富良野産とうもろこしのスープ 450円混み時を過ぎたからか、平日だったからか、客は少なめ(5組程)で、なかなか和やかな雰囲気。
メニューは平凡。味もたぶん普通。でも、北海道に牧場的雰囲気が相まって、なかなか美味に感じたかな
↑スープ皿にもノーザンテースト


[参照リンク]
・ノーザンホースパーク
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
社台スタリオンステーション
ノーザンホースパークを後にして、お次は近くにある「社台スタリオンステーション」へ。
もちろんお目当ては種牡馬見学!

入り口はこちらですしかし、草地はがらーんと馬の気配無し。むしろ人の気配も無し!!
な……なんか嫌な予感が……
向こうに案内板が置いてあるので、近付いてみる。

歴戦の勇駒たち
案の定、「放牧時間:10:30〜12:30」の表示が。
放牧は午前中のみ!!
てことは、お昼過ぎに着いた我々には、はなっから無駄足だったって事じゃーん!!
確かに、「放牧はその日のコンディションよりどうなるかわからないから、テレホンサービスで確認されたし」みたいなことは書いてあったけど、まさか、午前中だけだったとは

がらーん……。折角なので、雰囲気だけ味わってると、後から数台車が。
皆、同じように観光客のようで、車から降りるなりキョロキョロ。そして、やっぱり同じように案内板まで歩いてきて、同じようにショック受けてた様子。
午前中のみって告知した方がいいって絶対!
嗚呼……クロフネ見たかった


[参照リンク]
・社台スタリオンステーション(ノーザンホースパーク)
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
羊ヶ丘公園
失意の社台を出て、一路札幌へ。
次の目的地は、札幌市内の「羊ヶ丘公園」。
カーナビに言われるまま、苫小牧→札幌(北広島)まで高速で移動しましたが、その高速がひたすら真っ直ぐで、ず〜っと前見てると見てないような気がしてきたり。視線の逃がし場(?)が無くて逆に疲れました。
1時間も走ってないのに、目がぎんぎらぎん

「少年よ大志を抱け」ってね!
羊ヶ丘公園は、クラーク博士の像で有名な丘。
丘の上の公園(ほとんどドライブイン)にドーンと鎮座されてました。
もちろん、皆様写真撮りまくり。

羊さん羊ヶ丘だけに羊さん。
確かにいましたが、「放牧」ってより「外にいる」だけで、はじっこのフェンス内に放し飼い。
本当は放牧されてたのかも知れないけど、着いたのが16時前だったので、すでに皆様帰宅準備中でした。
小屋に帰りたくてしょうがないらしく、16時の鐘が鳴り始めると、一斉にゲート附近に集結。
ぎゅうぎゅう詰めになって待ってました。(それはそれでカワユイが)

「恋の歌札幌」…し、知らない…。他にも、こんなのとか。

すでにいない人も入ってるし。日ハム本拠地移転記念碑とかありました。

告白?でも一番目立ってたのはこれ。
なんか、市内の観光地に片っ端から置いてありましたよ。
80年代の観光地か!? こ、こんなものに乗っかって記念撮影しろとでも!?
…案外、してる人多数で驚きです。

札幌ドームが見えます羊ヶ丘公園…正直、ただの丘でした
しかも、「広大な芝生と市内を一望」ってあるわりには、芝生は入れないし、市内も「一望」っていうか「見えるね」って感じ。 そりゃ高台なんだから見えますとも!
ジンギスカンレストランがあったけど、ビール園行った方がよほど有意義かと。
有名な場所だけど、わざわざ行くトコでもないかな。
駐車料金500円(※現在は入園料が500円。駐車料金無料のようです)がものすごーーく高く感じました


[参照リンク]
・さっぽろ羊ヶ丘展望台
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
藻岩山
お次は藻岩山。夜景です!

羊ヶ丘から藻岩山までは30分弱。
展望台までは、ロープウェイと車のどっちでも行けたので、迷わず観光自動車道を通って山頂を目指します。
しかし、展望台駐車所に着いたのは、日の入り前の、暗くなるにはまだまだの刻。
レストランがあったけど、この後ビール園の予定だったし、そうでなくても高かったので、何も食べず。
他に時間潰せる場所もなく、空いてるベンチは外だけ。
日が暮れるにつれかなり寒くなってたので、結局、完全に暮れるまでは車に戻って寝てました

19時過ぎていよいよとっぷり暮れたので、いざ展望台へ。(駐車場→展望台が恐ろしく急坂で参った)
ブレブレ…
おおお?
さすがに絶景!
周りが暗いから、街の灯が映えます。

どう頑張ってもブレブレ…だが、めちゃ風が強くて、どう頑張ってもブレブレに
そもそもあんまり使い込んでないデジカメだったので、夜光モードが今ひとつ使い勝手分からず。
撮りまくった割には、まともな写真が1枚も撮れてなかったです

30分くらい眺めてだけど、いよいよ凍えてきたので、撤収
次は、楽しい楽しい御食事タイムです。


[参照リンク]
・札幌もいわ山ロープウェイ
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
サッポロビール園
札幌の外れにある藻岩山から、市街を通り抜けてサッポロビール園へ。
市街地ってこともあり、混雑に時間取られ、着いたのは20時半近かったです。

ケッセルホール
ジンギスカンの安くて美味しいお店はたくさんあると思うけど、これも観光のひとつと考えて、あえてど真ん中。
しかし、さすが札幌のジンギスカンの代名詞? 平日なのに(GWだけどね)、混み混みでした。

メニューは、100分食べ放題で、「トラディショナルジンギスカン」・「生ラムジンギスカン」・「シーフード&生ラムジンギスカン」の、それぞれ「食べ放題」・「食べ飲み放題」があり。
しばし迷って「生ラムジンギスカンの食べ飲み放題」

受付で先にコースを決め予約。
番号を振り分けられて、電光掲示板にて呼ばれるまで待機。
やけに効率の良いシステムで、15分ほどの待ち時間でした。

店内
店内へ。
「制限時間より閉店時間(22時)の方が先です…すみません」と言われたけど、全然問題なし。
野菜の上に載っけて蒸し焼き…なんてはじめだけで、鉄鍋直焼きでズンドコ焼いてはソッコー腹の中へシュート。
ガンガン食ってました

焼き焼き野菜も食べ放題だったので、肉・ドリンク・肉・野菜・肉・ドリンク・肉・肉・野菜…と、オーダーの嵐。
途中から、皿やコップの中身が減ってくると、ウェイトレスさんが近寄ってくるようになってたり
挙げ句の果てに、隣の席のカップルにドン引きされてたりたらーっ
「え!? まだ食うのかよ!汗」…と。
ええ、そりゃもう。せっかくの食べ放題ですからネ。

すっかり満足して会計済ませても、入店から40分程。
たぶん、2人で10人前くらいは食ってたんじゃないかと。早食いにも程がある!
お会計は7140円でした。

コースターがかわゆい
おまけ。
コースターです。可愛かったのでつい一枚。


[参照リンク]
・サッポロビール園
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
ススキノグリーンホテル1
サッポロビール園を後にして、ホテルへ直行。
今夜の宿は、すすきののど真ん中にある、ススキノグリーンホテル1です。

今回、ツアー使用で、ホテルも8箇所から選択ってタイプ。どれも「特別悪くはないけど、これと言って良さも感じない」ってとこばかりで迷ったんですが、「各客室にユニットじゃないバスルーム設置」とあったので、それだけでここに決定!

途中、札幌の道路マジックにはまり、危うく一通に突撃しそうになったり、ホテル指定駐車場の入り口が分からず、フロントに電話しながらすすきのの歓楽街をぐるぐる回ったり……と、かなり無様でしたが、なんとか無事にたどり着けました

チェックイン後は、隣のコンビニ(ローソン)に飲み物の買い出しに行ったりしたものの、お風呂入ってすぐ就寝。
知らない土地での運転は、やはりくたびれますな。ソッコー沈没でした。


ススキノグリーンホテル1ですが、やっぱり良くも悪くもB級ビジネスホテルでしたね。
掃除も行き届いていて不潔感はないんですが、全体に古くさく、ベッドカバーとか壁とかに所々シミ(ベッドカバーなんて血痕…)があったりして、絶句
壁が薄くて隣の声が筒抜けで、真夜中も隣室の笑い声がかなり響いてました
でもでも、お風呂は自慢してるだけあってとても良かったです
バスタブは大きかったし、お湯張りタイマーも完備。
トイレ洗面台込みのユニットではありましたが、3畳ほどの広々空間だったので、バッチリくつろげました


[参照リンク]
・ススキノグリーンホテル1
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
朝食
2日目の朝。
疲れてたから早くに寝たせいか、目覚ましセットして無くても7時に起床。
「めざましテレビ」とか見つつ、朝からまったりしてました。
……でも、まったりタイムの半分はトイレに篭もってたり……。
やっぱり、昨晩のジンギスカンは多すぎたようです。いろんな意味でやばいことになってましたよ

なにはともあれ、朝食はホテルにて。
今回使ったパックは、朝食バイキング券付きだったので、有り難く利用しました。
8時過ぎに、朝食会場になっていたレストラン「北のあじ彩」へ。
見るからに和食レストランだったので、「民宿の朝ごはんみたいな『焼き魚・おしんこ・生卵』みたいな和食ラインナップだったらやだなぁ」とか不安でしたが、「和・洋・ところにより中」な感じで、30品くらいありました。
主食も、ご飯有り・パン有り。
パンも、食パン・ロールパン・クロワッサンなどなどで、選び甲斐があって、なかなか豊富なバリエーション。
思いの外よかったです
ま、ファミレス的というか、学校給食的な安っぽい味でしたが、わたしも相方も子供舌&安舌なので、無問題

考えた末、こんな感じにしてみました。(左は相方、右が小生)
朝食
昨日のジンギスカンがまだ胃に残ってるのもあって、あっさり目
洋風か和風か分からない取り合わせですが、みそ汁だけ飲みたかったのデス。
相方は、きんぴらが美味しかったらしく、かなり気に入ってました。


[参照リンク]
・ススキノグリーンホテル1
::comments(0) | trackbacks(0) | posted by 二瀬古 
| 1/3 | >>